結露対策

結露対策

安心 快適 高耐久

長~く、安心・快適 に暮らせる住宅

結露軽減、耐久性に優れた家。

トモホームでは、高気密・高断熱・遮熱住宅に適した
断熱材とその工法を取り入れています。

しっかりした結露対策は耐久性に優れた住宅となります。トモホームのマイブランドは、徹底した結露対策を施しています。普段目にすることのないところへのこだわりが、長~く、安心して快適に暮らせる家となります。

結露対策

内部結露防止

通気層で結露を防止

外壁と断熱材の間に通気層を設けることで排熱・排湿を行います。その結果、壁内の結露を防止し、さらに日射熱のこもりも防ぐことができます。外気の影響を抑え室内を快適な状態に保つことへもつながります。

通気層で結露を防止

表面結露防止

ペアガラスサッシ

優れた断熱・防露・気密・防音効果を発揮するペアガラスサッシ。
冬でもガラスの表面温度が下がりにくく、結露の発生を軽減します。
更に優れた気密構造+複層ガラスで高い遮音性を確保できます。
高気密・高断熱・遮熱住宅になくてはならないサッシです。

ペアガラスサッシ

 結露のプチ知識

結露とは…
空気中には水分(水蒸気)が存在していて、空気中に含むことが出来る水蒸気の量は、温度によって限界があります。高温になるほど多くの水蒸気を含むことができ、低温になるほど少ない水蒸気しか含むことができません。ある温度と湿度の時、空気中の水蒸気量が限界を超えると空気中に存在していることが出来ず、水滴などに変化します。この現象を【結露】といいます。
結露の種類
結露には【表面結露】と【内部結露】の2種類があります。
【表面結露】とは、室内側の壁や窓の表面に水滴ができる、目に見える結露のことをいいます。
【内部結露】とは壁の内側や床下など、私たちが直接見ることのない所で発生する結露のことをいいます。
内部結露の影響
高気密・高断熱・遮熱住宅は「省エネルギー」「室内温湿度などの快適性向上」などの効果が期待でしますが、その反面、特徴や性質をよく理解した上で施工しないと、内部結露発生の原因になり、建物の耐久性に大きな影響を与えます。
内部結露が建物に与える大きな影響
冬、温かい部屋から寒い室外にかけて壁体内部で温度が急激に低下します。断熱材の外気側は室内側に比べて急激に温度が低下するので、飽和水蒸気も急激に小さくなり室内から侵入してきた水蒸気は限界を超え断熱材内部で水滴に変わり結露が発生します。この内部結露は、断熱材の性能を下げ壁体内で使用している建材を腐らせてしまい、建物の耐久性に大きな影響を与えます。よって、壁内結露対策をしっかりすることが大切です。

土居工務店のトモホームでは、お客様に長く・安心・快適に暮らしていただけるよう、
普段は目にすることのない壁内部にもこだわった家づくりをしています。

高気密・高断熱・遮熱/木造注文住宅
株式会社 土居工務店・トモホーム

(株)土居工務店・トモホーム
高気密・高断熱・遮熱・通気工法
省エネ木造注文住宅

My Brand~マイブランド