高気密・高断熱・遮熱住宅

高気密・高断熱・遮熱住宅

高気密 高断熱 遮熱

高気密・高断熱・遮熱住宅とは

省エネルギーのエコ住宅。

家をまるごと断熱材で覆い、トイレや廊下はもちろん、
家全体をほぼ同じ室温に保てる住宅です。

高温多湿な高知県でも四季を通して快適に過ごせることができます。また、室内の温度差が引き起こすヒートショックが起きにくく、高齢者の方にも優しい住宅です。更に、全熱交換換気システムで室内に新鮮な空気を取り入れ、24時間お部屋はいつもクリーン。冷暖房に換気設備と電気代が気になるところですが、隙間が多く気密性が低い住宅よりも、エアコンの効果を最大限に活かせるので、低燃費で全室空調と換気が可能です。

※ヒートショックとは急激な温度変化が身体に与えるマイナスの影響のこと。高齢者がヒートショックを受けると、脳卒中、脳出血、心筋梗塞などの命にかかわる病気を起こすおそれもあります。

高気密・高断熱・遮熱住宅

トモホームの【高気密・高断熱・遮熱住宅】の底力!
見えないところにこそ、秘密があります。

内断熱 - ウレタン現場発泡工法

壁材に高断熱のウレタンを吹き付けることにより、断熱性・気密性を高めます。

トモホームの高気密・高断熱・遮熱住宅マイブランドでは、ウレタン現場発泡工法を内断熱標準仕様としています。このウレタン現場発泡工法とは、一般の住宅というよりはビルやマンション、あるいは各種の倉庫や大きな冷蔵庫、冷凍庫、プールなど最も断熱性が要求されるところに使われている工法です。

通常、一般の住宅では断熱材としてグラスウールが用いられますが、グラスウールは一定の袋詰めになったものをつなぎ合わせながら壁などに貼り付けていきます。そのためつなぎ目などに隙間が生じやすく、そこから断熱性が損なわれたり、結露が生じたりします。

それに対してウレタン現場発泡は、現場で発泡させて外壁や屋根にスプレー方式でびっしり吹き付ける工法です。そのためつなぎ目や隙間が生じにくいのです。よって、高気密・高断熱・遮熱を得ることができます。

構造体が完成後、外面に面する全ての場所に発泡させたウレタンを吹き付けていきます。スプレー方式でびっしり吹き付けるので、つなぎ目や隙間が生じにくくなります。よく、内断熱工法の気密施工の難しさが短所として上げられいますが、ウレタン現場発泡ならつなぎ目や隙間が生じにくいので安心です。

木材自体は熱をためる力(熱容量)が小さいので、材料の選定と施工方法をきちんとしていれば、木造住宅は内断熱でも十分断熱性能を発揮することができるのです。

ウレタン吹きつけ
スプレー方式でびっしり吹き付けます。

ウレタン吹きつけ後
吹きつけ後。これで高気密・高断熱・遮熱住宅が可能となります。

夏季の蓄熱と、冬季の熱損失を根本的に解決。

理想の遮熱シート - タイベックシルバー

これまで高気密・高断熱・遮熱住宅でも解決できなかった、赤外線による夏季の蓄熱と、冬季の熱損失を根本的に解決します。

優れた透湿性と耐久性を確保しながら、赤外線を75~85%カット。躯体に伝わる前に熱を反射することで、躯体にため込まれる熱を軽減し、断熱材ではカバーできなかった輻射熱も抑えます。

遮熱シート - タイベックシルバー

高気密・高断熱・遮熱/木造注文住宅
株式会社 土居工務店・トモホーム

(株)土居工務店・トモホーム
高気密・高断熱・遮熱・通気工法
省エネ木造注文住宅

My Brand~マイブランド